月見草日記
自分の興味のおもむくままに書いていきます

灯台もと暗し

 矢の羽刺し(1/13 記事)の時に刺してみたかったのは、木村操著『新こぎん

刺繍入門』の図案集に載っていた流れの図案。数が合わないので、どう調整

するのかわからなかったのですが、9目のハナコ(?)を入れることで、収まる

ことがわかりました。


 今まで、こぎん刺しをする時は、フェリシモで使ったこぎん刺しの残りの糸や、

普通の刺繍糸などを使っていましたが、近所の手芸店で、オリムパスのこぎん

糸を扱っていることがわかり、買い求めてきました。紺のコングレスクロスも買っ

てきました。2~3年前に探したことがあってその時にはなかったので遠くの手

芸店ばかり探していました。近くでこぎん糸が買えることがわかり、安心です。


 39目の糸目入りくるみのからを4つ並べて外側を囲んでいきます。

 こぎん糸
 
 箱根駅伝を見ながらのこぎん刺しは進みますが、都道府県対抗男子駅伝は一人

一人の距離が短いので、観戦に集中。ふるさと選手といっても高校時の登録県が

ふるさとになるようで、中学の時の登録は関係ありません。区間新記録を更新した

静岡県の勝亦祐太選手、高校はどこに進むのかしら。発熱で不調だった佐藤悠基

選手、兵庫県の1区を走った福士優太朗選手、もとは静岡県出身なのにね。



関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://otogizoushi200.blog87.fc2.com/tb.php/71-53e57961