両国散策 忠臣蔵編

 両国散策 相撲編のあと他のことをしていて更新するのが遅くなりました。

今回は忠臣蔵編です。回向院の後、両国橋へ向かいました。

 両国橋 1

 両国橋 2

 初めて両国橋が架けられたのは万治2年(1659)。その2年前に明暦の大火が

発生し当時は隅田川に橋が架かっていなかったので多くの人が逃げ場を失い、焼死

者が出たためです。武蔵国と下総国を結ぶことから両国橋と呼ばれました。

両国橋東西の橋詰が火除地として広小路が設けられ、この界隈は江戸有数の繁華街に

なりました。

 今は児童遊園の敷地内に赤穂義士の一人の大高源五の碑があります。

 大高源五の碑

「日の恩や 忽ちくだく 厚氷」

大高源五は俳句や茶の湯をたしなみ、吉良上野介宅で茶会が開かれる日を

突き止め討ち入りの日を決める重要な情報となったそうです。


 元禄15年(1702)12月14日 赤穂の四十七士が討ち入りした吉良邸跡

「忠臣蔵」で知られる舞台です。

2550坪の広大な吉良家上屋敷でしたがごく一部が吉良邸跡(本所松坂町公園)

として残されています。

 吉良邸跡 1

 吉良邸跡 2

 吉良邸跡 3
          吉良上野介義央公座像

 吉良邸跡 4
    討ち取った吉良公のみしるしを洗ったとされる井戸

 吉良邸跡 5

 両国橋のたもとで奉行の役目上の渡橋拒否にあい、両国橋は渡らず一之橋、永代橋を

渡って泉岳寺に引き揚げたとされています。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

マリコさん

おはようございます。
ブログへの訪問ありがとうございます。
昨日はお散歩日和のいい天気でしたね。
実家へ行ってきました。
のんびりとupしていきます。

お散歩

散歩にうってつけの季節になりましたね。
次回のアップを楽しみにしています。

けいさん

おはようございます。
両国の由来、言われてみれば納得ですね。

忠臣蔵、それまでは吉良上野介の立場に立って考えることは
なかったのですが、像を見ると可哀想な気もしてきましたよ。

こんにちは!

両国橋の名称の由来はそういう事だったのですか?

江戸の名残が残っている界隈があるのですね。
歴史に疎い私でも赤穂浪士の討ち入りは知ってます(^_^;)

それでも当日は雪が降っていたと 思っていたのですが
実際は降っていなかったという事を 今年になって知りました。(苦笑)

ひまあゆさん

こんにちは。
学生時代の友人と月1ぐらいで東京近辺を散歩する
予定になっています。
お互い行ったことがあるところは後回しにして気の向くままに
廻っています。
皇居も興味ありますが混みそうで覚悟が必要ですね。
でも一度くらいは行きたいですね。

こんにちは!
以前、長男と江戸東京博物館に行きましたが
その後は食べて帰っちゃいました 笑
こんなに見るところがあったのですね
月見草さんにご案内いただいてみたいです

東京行くと夫の釣具屋と飲み屋ばっかりですが
いろんな観点で見て回れるのでいいところですね
皇居乾通りの春の一般公開・桜並木の通り抜けも興味がありますね~

小麦さん

東京スカイツリーができたのと相まってこの辺りは
伝統工芸などの博物館もたくさんできて見どころ満載です。
渋谷にあったたばこと塩の博物館も墨田区に引っ越したし・・・。
いろいろな観光コースも紹介されていて楽しそうです。



東京の下町には江戸が残っていますね。。。
以前は実家に泊まって、東京見物したのですが
最近は相撲観戦に行ってもトンボ帰りです
また ゆっくりアチコチ見てみたくなりました。。。。
プロフィール

月見草

Author:月見草
熱中しやすい専業主婦
津軽こぎん刺しが好き

最新記事
コメントありがとう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • パソコン(33)
  • 歴史・地理(29)
  • こぎん刺し(109)
  • その他の手作り(11)
  • 陸上(8)
  • 音楽(5)
  • べランダガーデン・花(45)
  • 読書(6)
  • 鳥(15)
  • 片付け(7)
  • 日々のこと(260)
  • 雑感(10)
  • その他(1)
最新トラックバック
ブログ内検索
リンク
こぎん刺しのお気に入り
陸上関係のお気に入り
国盗りカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR