護国寺

 皇居東御苑に行った翌日、池袋に用事で出かけることになりました。
天気もよかったので、思い切って護国寺まで足をのばしてみました。
知らない道なので、地図で見るのと違い、遠く感じます。

 護国寺は、5代将軍綱吉が、生母・桂昌院の発願に応じて天和元年(1681)
に造営しました。

 護国寺 仁王門

 護国寺の仁王門です。

 
 不老門

 石段を登った所に見えるのは、不老門で、昭和13年(1938)の建立です。
右側にいくと、富士塚に行きます。ちょっと小高くなっているけれども、何だろうと
思いながらも、素通りしてしまいました。帰ってから知りました。うーん残念。

 観音堂(本堂)

 これが、観音堂(本堂)です。元禄10年(1967)に建てられました。
外国人の団体さんが、見学に来ていました。

 薬師堂の裏の方へ回ったら、面白いものをみつけました。
 
 音羽講中 庚申塔

 庚申塔です。台座の上に片膝立てて座った3匹の猿が両手で塔を支えています。
「音羽講中 庚申塔」と書かれた案内板によると、
庚申信仰は、庚申(かのえさる)の夜(60日毎)講の当番の家で、般若心経を
唱え、なごやかに夜を過ごす風習があった。寝ると体内の三尸(さんし)の虫が
抜け出て天帝にその人の罪を告げ早死にさせるといわれていて、
門前の音羽通りの人々が金銭を出し合って建てたようです。天明5年(1785)の
銘があります。

 弘法大師を祀ったという大師堂の側で金髪の外国人の女性の方が一眼レフで
ネコの写真をとっていたので、私もシャッターを切りました。観音堂の裏で、ネコの
写真を撮ろうとするものの逃げられてしまい、やっと撮ることができました。


 かまきり(コカマキリ)    ねこ


 「日本語でなんと言いますか。」と尋ねられたので、「かまきりです。」と答えました。
きれいな発音の日本語でした。コカマキリは大人になっても小さいのですね。
かまきりとじゃれているネコの写真は、シャッターチャンスが難しいです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

けいさま

護国寺は、初めてだったのですが、
落ち着いていていいところですね。
文京区は知っていそうで知らないので
ぼちぼち訪ねてみたいです。

こんばんは!
なぜか懐かしい気持ちです。
娘は高校が護国寺でしたので、私も何度か
足を運びました!

もう4年も前になるのだなあと、時の流れも感じます!

まりごまさま

テーマを決めて出かけるようになったのは、ここ2~3年の
ことです。子供が小さい時は、天気が良いと普段行かない
ような少し離れたスーパーに足をのばしていました。
知らない道を通ると、旅をしているようで、開放感があります。

こういう歴史を感じられるところに最近行ってないです。
これからいい季節になりますし、お出かけしたいなあ。
出来ればお一人様がいいなあ(*^。^*)
プロフィール

月見草

Author:月見草
熱中しやすい専業主婦
津軽こぎん刺しが好き

最新記事
コメントありがとう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • パソコン(33)
  • 歴史・地理(29)
  • こぎん刺し(109)
  • その他の手作り(11)
  • 陸上(8)
  • 音楽(5)
  • べランダガーデン・花(45)
  • 読書(6)
  • 鳥(15)
  • 片付け(7)
  • 日々のこと(261)
  • 雑感(10)
  • その他(1)
最新トラックバック
ブログ内検索
リンク
こぎん刺しのお気に入り
陸上関係のお気に入り
国盗りカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR