月見草日記
自分の興味のおもむくままに書いていきます

猫の目のがま口

 猫の目(27目)と鋸の歯でがま口を作りました。

猫の目のがま口

裏も同じ模様です。

フェリシモのがま口の時の型紙があるので、それに合わせて

12.5cmの口金を買ってありました。

模様を縦に並べたいのだけれども、その脇をどうするか悩んでいました。

鎌田久子先生の「こぎん刺しの小ものたち」の本を見て、決心がつきました。

たったこれだけの模様なのに、何目の模様を使うか一応計算してあります。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

小麦さん
こんにちは。
津軽こぎん刺しでは、模様に猫や牛、蝶、胡桃など
身近な名前が付けられています。

こぎん刺しをするところは少ないので、すぐ刺せる
のですが、目打ちを使って口金の溝に入れるとき、
怪我をしそうでこわかったです。
本ではナイロンの糸で、縫う口金を使っていました。
そちらの方が作りやすいのかしら。
いつかその方法でも作ってみたいです。
2010.04.22 14:31 | URL | 月見草 #H6hNXAII [edit]
素敵な作品ですね~。
猫の目という模様の名前なのですか?
とても細かな作業に思いますが丁寧に仕上げられているのが写真でも良く分かります。
がま口の形もふっくらとして可愛いですね。
2010.04.22 08:10 | URL | 小麦 #MMIYU.WA [edit]
ひまあゆさん
こんにちは。
刺すところは少ないので、意外と早くできるのです。
初め猫の目はあまり好きではなかったのですが、
段々可愛いと思えるようになりました。
猫の足というのもあるのですよ。
2010.04.21 16:24 | URL | 月見草 #H6hNXAII [edit]
早いですね!さすがです!
猫の目に納得です!!!
2010.04.21 14:49 | URL | ひまあゆ #Ak51kPpI [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://otogizoushi200.blog87.fc2.com/tb.php/251-a2445573