月見草日記
自分の興味のおもむくままに書いていきます

ウォーキングと鳥

 昨日は、オリンピック観戦、楽しみました。

 バンクーバーオリンピック 男子フィギュアスケート

高橋大輔選手 銅メダルおめでとう!! 

 オリンピックが始まってからのウォーキングは午後に軽くという

パターンが多いです。ヒヨドリとムクドリ、あの時、あの木にとま

っていたのは、ヒヨドリで、そして別の木にとまっていたのはムク

ドリとわかりましたが、別の日に違う木にとまっていると、もう、

わかりません。それが花の名前を覚えるのとは違うところです。

写真を拡大して、今、わかっていることをまとめてみました。


<ヒヨドリ>

ヒヨドリ アップ

全長27.5cm

  尾が長め、全身が灰色。頭の羽がぼさぼさ。

  目の後ろが茶色。

  本によると、地面に対して垂直に近い姿勢でとまり、
 
  飛ぶと深い波形を描く。ピーヨ、ピーヨと甲高い声で鳴く。

<ムクドリ>

ムクドリ アップ

 全長 24cm

 くちばしと足のオレンジ色がよく目立つ黒っぽい鳥。

 芝生などの草地を人間のように足を交互に出して歩き、

虫を捕らえて食べるという。

 猫背で、寸胴。色も地味。集団で暮らし、いつも群れて

 いる。飛んだときに腰の白がはっきり出ればこの鳥に間

 違いないらしい。


 鳥に注意しながらウォーキングするとよく見かけますが、

はっきりと区別できるようになるには、もっと観察が必要です。

 

(追記)

ヒヨドリがもう少しよく撮れたのでup (2.20 撮影)

 ヒヨドリ アップ 2






関連記事
スポンサーサイト
Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://otogizoushi200.blog87.fc2.com/tb.php/228-67a8a56c