今度は駱駝の話

 またまた中山道ウォーキングがらみの話です。
今いるのは  伏見宿

伏見宿は駱駝が逗留した宿として有名です。

文政7年(1824年)中山道を駱駝が通過し、興行師が

病気のため伏見宿に8月6日より3日間ほど滞在しました。

珍獣を見ようと多くの人が押し寄せたそうです。

その際に発行された駱駝通行記録瓦版もあるそうです。

               (中山道みたけ館)

        → 駱駝通行記録瓦版

 文政4年(1821年)長崎出島に時の将軍家斉の献上品

として2頭の駱駝(ヒトコブラクダ)が連れてこられ、入港

したが、幕府が断ったたので、2頭の駱駝は興行師にわたり、

10年以上に渡って全国を巡業したそうです。両国広小路で

も見世物が行われたというから、伏見宿も同じ駱駝なのでし

ょうか。


 たばこと塩の博物館のコレクションギャラリーとして文政4年の

らくだの絵がありました。

           → 長崎絵『らくだ』


歌川国安の『駱駝之図』もあります。駱駝を見て、日本中が

大騒ぎをした様子が伝わります。


 伏見宿の近くの現代の地図を見たら、花フェスタ記念公園が

ありました。この近くだったのですね。








 

関連記事
スポンサーサイト

tag : 江戸

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

けいさん

こんにちは。
本に伏見宿に駱駝が逗留と一言書いてあるのが
気になって、ネットでしらべているうちにいろいろ
わかったので、忘れないうちにまとめました。
今は写真もたくさん載っているし、実際に中山道を
歩いた人のホームページもあるので、いろいろ
わかっていくのが面白いです。

こんにちは!

えぇっそうなんですか?
ちっとも知りませんでした。

月見草さんは本当に歴史にお詳しいですね?
そんなに昔に献上品として駱駝が日本に届いていたとは・・・
今度は覚えておきますね!
プロフィール

月見草

Author:月見草
熱中しやすい専業主婦
津軽こぎん刺しが好き

最新記事
コメントありがとう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • パソコン(33)
  • 歴史・地理(29)
  • こぎん刺し(109)
  • その他の手作り(11)
  • 陸上(8)
  • 音楽(5)
  • べランダガーデン・花(45)
  • 読書(6)
  • 鳥(15)
  • 片付け(7)
  • 日々のこと(261)
  • 雑感(10)
  • その他(1)
最新トラックバック
ブログ内検索
リンク
こぎん刺しのお気に入り
陸上関係のお気に入り
国盗りカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR