布を愛した人たちのものがたり展 その2

 ようやく世界初公開展示となる国指定重要有形民俗文化財

「津軽刺し子着物」のコーナーです。

アミューズ ミュージアム 5

この中の物は触ることができませんが、入り口の前にあるこちら

の作品は触ることができました。

アミューズ ミュージアム 6

アミューズ ミュージアム 7

アミューズ ミュージアム 8

この模様は『囲み花っこ』というそうです。

「可愛いコギン」(Pretty "Kogin")と題されていました。

私の大好きな模様です。由井正子さんの『津軽こぎん刺し 古作

模様図案集』にも載っていますね。


6Fは織り姫の間です。裂織の実演を見ることができます。

私が行った時は、織り上がった布の端の始末をしていました。

また浮世絵シアターでは浮世絵の解説がありました。

展望デッキに行く途中の踊り場にはこんなものもありました。

天海の祠


   天海の祠



浅草展望 1  浅草展望 2

展望デッキでは建設中の東京スカイツリーが見えました。

2010年 1月15日現在 274mだそうです。

浜離宮恩賜庭園で撮った写真と比べるとだいぶツリーらし

くなりました。→2009年 12月12日の記事
 
               浜離宮恩賜庭園 
関連記事
スポンサーサイト

tag : こぎん刺し

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひまあゆさん

こんにちは。
刺すのは最終段階で、麻を育て織ったり
染めたりして最後にやっと刺すことができます。
どんな模様にしようかなと楽しみながら
刺したのでしょうね。
早い人で前身頃1週間、後ろ身頃1週間と
半月位かかり、一般的には1ヶ月ぐらいで
刺したそうです。嫁ぐ際に多くて5~6枚、
少なくても3枚ぐらいは持っていったそうですよ。
(不器用な人は上手な人に刺してもらったそうです。)


けいさん

こんにちは。
実際に見たり触ったりする機会は少ないので
いい機会だと思います。
美術館や博物館と違って混んでないので
落ち着いてみることができるのがいいですね。
楽しんできてくださいね。

こんにちは!
どの位の時間をかけて作られたんだろう?
この根気を見習わなくては・・・汗
落ち着いたこの感触、触ってみたいものです

おはようございます。

やっぱり見てみたいなぁ・・と思います。
月曜日に羽田まで出かける用事がありますので
その帰りにでも 寄ってみてきます。

ちょっとワクワクしますね。
プロフィール

月見草

Author:月見草
熱中しやすい専業主婦
津軽こぎん刺しが好き

最新記事
コメントありがとう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • パソコン(33)
  • 歴史・地理(29)
  • こぎん刺し(109)
  • その他の手作り(11)
  • 陸上(8)
  • 音楽(5)
  • べランダガーデン・花(45)
  • 読書(6)
  • 鳥(15)
  • 片付け(7)
  • 日々のこと(261)
  • 雑感(10)
  • その他(1)
最新トラックバック
ブログ内検索
リンク
こぎん刺しのお気に入り
陸上関係のお気に入り
国盗りカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR