月見草日記
自分の興味のおもむくままに書いていきます

ラオスの織物展

 師走とはいえ展覧会の日時が限られているので行ってきました。

『ラオスの織物展』 浜松町のコトブキ D.Iセンター 2Fです。
         
          浜松町1-14-5

   ラオスの織物展に関連する記事は  → 10月 2日  世界各地の民芸品
                       →  11月13日  はぎれの麻布  

いろいろ調べていくうちに日本に留学し、ラオスの女性の織物での自立を応援する

チャンタソン・インタヴォンさんの活動報告のブログ
に出会いました。

この『ラオスの織物展』はラオスの女性の自立を支援するホアイホン職業訓練 

センターで作られた織物や手工芸の数々が展示・販売されています。

ラオスの織物展 1

2階に行く途中にも飾ってあります。(以下クリックすると拡大します。)

ラオスの織物展 2   ラオスの織物展 3

ラオスの織物展 4  ラオスの織物展 5

ラオスの織物展 6

入り口です。

ラオスの織物展 7

ラオスの織物展 8  ラオスの織物展 9

ラオスの織物展 10  ラオスの織物展 12

ラオスの織物展 11

「シン」は巻スカートです。ショールの「パー・ビアン」とラオスの装いの

基本になっているそうです。シルク製で高価なので見るだけでしたが手触りを

楽しむこともできました。

ラオスの布を楽しむ (布楽人双書)ラオスの布を楽しむ (布楽人双書)
(2006/12)
チャンタソン インタヴォン普後 均

商品詳細を見る









関連記事
スポンサーサイト

Comment

散歩道さん
こんばんは。
ラオスの布は織物の宝石といわれているそうです。
簡単な織機で繊細華麗な布を織るのですから
すごいですね。
2009.12.11 19:20 | URL | 月見草 #H6hNXAII [edit]
No title
ラオスの女性は起用なんですね。
柄の一つ一つ、作品の大きさにも驚かれます。
シルク製というところも意外でした。
2009.12.11 18:13 | URL | 散歩道 #4B3NfbaA [edit]
ひまあゆさん
こんばんは。
4段目は白っぽいのかしら。
これも素敵ですね。
私は入り口の赤系統のが好きです。(クリスマスが近いせい?)
部屋に飾りたいです。

長女さん 新型インフルエンザに罹ってしまったのですね。
遠く離れているので、さぞ心配なことでしょうね。
次女さんがいるから安心なのか、うつるかもしれないと
思うと不安が増してしまうのか・・・。
土・日に発症しなかったのはよかったですね。
早く良くなりますように。
2009.12.11 18:08 | URL | 月見草 #H6hNXAII [edit]
No title
おはようございます!
ステキですねぇ!
もしかして好みが似てるかも・・・
上から4段目が好きです
月見草さんもお好みだから大きくしたんでしょう?
目の保養をされましたね!

横浜の長女がインフルエンザ新型と診断されました
とうとうきましたよ
元気がとりえの次女にうつるか・・・
2009.12.11 10:40 | URL | ひまあゆ #Ak51kPpI [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://otogizoushi200.blog87.fc2.com/tb.php/198-ac4f3570