津軽こぎんと私

 中学と高校1年までの4年間を青森で過ごした私にとって、

津軽こぎんとの出会いは、母が制作したおさいふやバッグでした。

転勤族だった母は、社宅の人からか津軽こぎんを習ったようです。

今も現役のピアノカバーもその頃のものですが、これは、津軽こぎん

ではなく、ハーダンガー刺繍のようです。教えてくださる方が、ハー

ダンガー刺繍も津軽こぎんも得意だったのでしょう。


いつか私もやりたいなと思いながらも、きっかけがなくそのままになっ

ていました。それが、昨年の秋、新聞の折り込みチラシにフェリシモ

チラシが入っていて、「津軽で生まれた素朴な美しさ こぎん刺しで彩

るポーチの会」があったので、迷わず申し込みました。


月1回の6回限定コレクション。模様を刺すのはいいけれど、最後の仕

上げの段階でファスナーが最後までしまらなかったりで、いかにも私ら

しいでき上がり。でも気に入っています。それが終わって、今度は、

「見本帖みたいなこぎん刺しミニフレームの会」を頼みました。一昨日

出来上がったのは、4回目の作品。あと2回が終わったら、どうしよう

かな。新しいシリーズの「織り模様みたいなこぎん刺し がまぐちの

会」にするか、余っている布があるので、自分で好きな模様を刺してい

くか。越前屋津軽こぎんの材料が売っているというので、少し涼しく

なったらのぞいてこようか思案しています。




関連記事
スポンサーサイト

tag : 津軽こぎん フェリシモ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月見草

Author:月見草
熱中しやすい専業主婦
津軽こぎん刺しが好き

最新記事
コメントありがとう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


FC2カウンター
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • パソコン(33)
  • 歴史・地理(30)
  • こぎん刺し(110)
  • その他の手作り(11)
  • 陸上(8)
  • 音楽(5)
  • べランダガーデン・花(45)
  • 読書(6)
  • 鳥(15)
  • 片付け(7)
  • 日々のこと(264)
  • 雑感(10)
  • その他(1)
最新トラックバック
ブログ内検索
リンク
こぎん刺しのお気に入り
陸上関係のお気に入り
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR