海のエジプト展

 夏休みになると子供達で混むのでその前にとパシフィコ横浜で行われて

いる海のエジプト展に昨日行ってきました。渋谷から久しぶりの東横線。

特急なのに意外と遅い感じがします。

    海のエジプト展 公式HPはこちら → 海のエジプト展


 uminoejiputoten2
             会場のパシフィコ横浜

 noejiputoten1

フランスの海洋考古学研究者フランク・ゴディオ氏が1992年から始めた

エジプト・アレクサンドリアの海底遺物が展示されています。また水中考古

学の様子も紹介されています。


 「海のエジプト展」で紹介する古代都市は地震や地盤沈下、海水面の上

昇などで8世紀頃には海に沈みました。

今回紹介される古代都市はカノープス、ヘラクレイオン、アレクサンドリアです。

カノープスは聖なる癒しの都と言われています。ギリシャ風の顔をした神、セラ

ピスをまつる大神殿に多くの巡礼者が訪れる活気のある町だったそうです。

セラピーの語源はここから来ているのかなと思いましたがどうでしょうか。

ヘラクレイオンはギリシャ神話の英雄ヘラクレスをまつった巨大な神殿が

建てられていました。この神殿の入り口近くに立っていたとされる「豊饒

の神ハピの巨像」は現存するエジプトの神の像としては最大級のものだ

そうです。神々とファラオが出会う都です。ヘロドトスが著した書物には名

前は違うけれど、この都のことが書いてあるそうです。

アレクサンドリアはアレクサンドロス大王のよって建設され、プトレマイオス

朝の王都として栄えた町です。クレオパトラ7世が愛した町です。

クレオパトラ7世は、横顔が刻まれた貨幣から鼻が高いことがわかります。

クレオパトラ7世の父(プトレマイオス12世)のスフィンクス、クレオパトラ7

世の息子(カエサルとの子カエサリオン)の頭部の像も見ることができまし

た。


 おみやげに公式カプセルフィギュアを求めました。

いわゆるガチャポンで、11種類あります。

学校の生徒達が帰って大人が多い時間帯でしたが大人も童心に

返ってお金を入れた後レバーを回します。

私のは豊饒の神ハピでした。

大当たりです。

         uminoejiputoten6

      会場近くの風景です。

 uminoejiputoten3  uminoejiputoten4  uminoejiputoten5

  
 
   昨日は七夕。

 満月だったのかしら。月も綺麗でした。

 uminoejiputoten7
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

月見草

Author:月見草
熱中しやすい専業主婦
津軽こぎん刺しが好き

最新記事
コメントありがとう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • パソコン(33)
  • 歴史・地理(29)
  • こぎん刺し(109)
  • その他の手作り(11)
  • 陸上(8)
  • 音楽(5)
  • べランダガーデン・花(45)
  • 読書(6)
  • 鳥(15)
  • 片付け(7)
  • 日々のこと(264)
  • 雑感(10)
  • その他(1)
最新トラックバック
ブログ内検索
リンク
こぎん刺しのお気に入り
陸上関係のお気に入り
国盗りカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR