点と線

 松本清張生誕100周年ということで世田谷文学館で行われている

松本清張展に行ってきました。

 
  松本清張展についてはこちらから → 松本清張展

 世田谷文学館 1
 
 世田谷文学館 2


 中居正広がピアニスト和賀英良に扮したTV『砂の器』のテーマ曲が流れる中

松本清張の展示を見るようになっています。

松本清張は絵が得意でそれを活かして最初、印刷の仕事についた事など

知らないことばかりです。

松本清張は、同僚の影響で考古学に興味を持ち、歴史、古代史についても詳しい

ようです。映像では『火の路』の紹介がされていました。

この『火の路

 『火の回路』と題し昭和48年6月から昭和49年10月まで朝日新聞に連載された

ものです。昭和50年11~12月『火の路』として文藝春秋から出版されました。

火の路 上 (1) (文春文庫 ま 1-29)火の路 上 (1) (文春文庫 ま 1-29)
(1978/01)
松本 清張

商品詳細を見る
火の路 下    文春文庫 106-30火の路 下  文春文庫 106-30
(1978/01)
松本 清張

商品詳細を見る


飛鳥の酒船石や益田岩船(ますだのいわふね)、そしてペルシアのゾロアスター教に

関連した映像が流されます。女帝の斉明天皇の説明もされていました。


つい最近、散歩道さんのブログで明日香のことが話題になったので、興味深く観ました。

松本清張の作品で『点と線』というのがありますが、ブログも人と人を結びます。

なにかいろいろなことが繋がっていて面白いです。


 そして1909年生まれ(明治42年)には松本清張だけでなく

太宰治、大岡昇平、中島敦、埴谷雄高・・・・・とたくさんの作家がいるのですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

somabitoさん

こんにちは。
世田谷文学館、ガラス張りのおしゃれな
建物ですよね。最寄りの駅の芦花公園近辺も
お洒落な感じがします。

松本清張、何冊か読んでいますが本を読んだのとTVを観たのとが
ごちゃごちゃになりはっきりしません。
今週木(4/23)21:00からテレビ朝日で
藤木直人さん主演 松本清張原作の『夜行の階段』が
始まるようです。私も今知りました。

北九州の記念館は行ったことがありませんが、
松本清張は小倉出身なので古代史にも興味が出てきたのでしょうね。
私は昔、志賀島で発見されたという金印をその近くの博物館(?)
で見たことを思い出しました。

おはようございます

世田谷文学館、行った事ないのですが、ずいぶん立派な建物ですね。
松本清張・・・ドラマや映画では見たことがありますが未読です。
今は北九州市になっている小倉の駅から歩いていける距離に
小倉城があり、その一角に松本清張の記念館があります。
展示も充実し、執筆していた部屋を再現した吹き抜けの空間を廻るように見学・・・
清張ファンでなくても楽しめる施設でした。
プロフィール

月見草

Author:月見草
熱中しやすい専業主婦
津軽こぎん刺しが好き

最新記事
コメントありがとう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


FC2カウンター
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • パソコン(33)
  • 歴史・地理(29)
  • こぎん刺し(109)
  • その他の手作り(11)
  • 陸上(8)
  • 音楽(5)
  • べランダガーデン・花(45)
  • 読書(6)
  • 鳥(15)
  • 片付け(7)
  • 日々のこと(263)
  • 雑感(10)
  • その他(1)
最新トラックバック
ブログ内検索
リンク
こぎん刺しのお気に入り
陸上関係のお気に入り
国盗りカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR