月見草日記
自分の興味のおもむくままに書いていきます

お片付けの日々

 実家の片付けは週1回か2回のペースで、行っています。

食品類の片付けは目途がついてきました。

先日は台所の床下収納のところにあった自家製の果実酒を処分してきました。

芽が出ていたジャガイモ1袋は自宅に持ち帰りました。


 母の春物の衣服をそろそろ出さなくてはいけないので押入れを探しました。

一軒家で、夫婦二人。備え付けのクローゼットもあるのだから、衣装ケースは

不要な気がします。衣替えしなくても済むだけの数にしておくのがベストだよ。


 ところで、4月から次男が社会人となり独身寮に入ることになりました。

だからここ1~2週間は実家の片付けよりも、月見草家優先です。

月見草家のゴミ部屋の整理の監督官をしています。油断をしていると出てきたコ

ミックを読みふけっていてちっとも進みません。

大学入学時に下宿生活を始めた場合は親が新生活の準備を手伝うことができま

すが、社会人としての新生活は自分で始めてもらうことになります。

せめて月見草家に捨てるに捨てることができないゴミを減らしてもらうしかあ

りません。


 実家で、私がもう着ないからと実家に置いてきたセーターを繕いながら母親

が着ていたので、ビックリしました。

押入れの奥から小学校時代の本もありました。

実際に居なくなると捨てることができなくなるのでしょうね。


 
老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる
(2011/01/18)
坂岡 洋子

商品詳細を見る


老前整理を兼ねての第一歩です。

 そういう私もソ連が載っている地図帳を処分しました。


 
スポンサーサイト

内閣府の調査

 早いものでもう3月。

先週、内閣府経済社会総合研究所の「生活の質に関する世帯調査」ご協力の

お願いということで調査員がアンケートを家族分置いていきました。

なんでも住民基本台帳から無作為に4950世帯を抽出し、15歳以上の個人を

選び、その世帯が調査対象となったとのこと。

今日、回収で、一人500円の図書カードが進呈されるそうです。


 幸福度調査といった内容です。2ヶ月前ならともかく、今はそれほど不幸とは感

じていないので、不思議な思いがして答える自分がいました。


 実家の酒のP箱、酒屋さんに回収してもらい、次は手作り味噌をどうするか、そん

なことで頭を悩ませている毎日です。