月見草日記
自分の興味のおもむくままに書いていきます

季節の贈り物

 昨日、ブログを通じて親しくいているけいさんから季節の贈り物が

届きました。山形のさくらんぼです。

 こんなにたくさんのさくらんぼを食べることができるのは初めてです。

大粒で甘いさくらんぼ、ごちそうさまでした。

 さくらんぼ
スポンサーサイト

カルガモの赤ちゃん 大きくなりました

 6月7日に紹介した3羽残ったカルガモの赤ちゃんはその後順調に

育っています。

人間だったら小学生という感じになりました。?????

カルガモの親子 2011

母親のマネをして、羽繕いをしたりしています。

ここまで来ると安心です。

自動車免許の更新

 先日、近くの警察署で、運転免許証の更新に行ってきました。

ゴールドなので、5年ぶりの更新です。

(東京に来てからペーパードライバーです。)

それでも、メガネを新しく作ったりと何かと準備が大変でした。

今回の写真は前回よりもよく撮れていました。

前回はコンタクトだったのですがメガネの方が目元がごまかせるみたいです。

新しい自動車免許証、以前は普通免許だったのに、今度は中型になりました。

免許証の条件等には次のように記載されていました。


 中型車は中型車(8t)に限る


平成19年6月1日以前に取得した人は以前どおり乗車定員が10人以下の自動

車や、中型自動車でも車両総重量8t未満、最大積載量5t未満のものであれば

運転できるということです。

それにしてもこの表現、8tの中型車が運転できると受け取れるようで、紛らわ

しい!!


キリム織りを体験

 先日、「手仕事フェスタ4」+「東北の手仕事」で、キリム織りのセットを

買ってきたので、早速挑戦してみました。

気軽に楽しめることを売りにしているセットです。

小学生でもできるということだったので、習うより慣れろで、アバウトに作っ

てみました。

そもそも、断捨離で、並太や太などの毛糸は手元になかったので、機械編みの

残りの中細2本取りで作ってみましたが、なんとか形になりました。

夏休みの親子の手作りにいいような作品となりました。


 キリム織り 1


 キリム織り 2


(追加)

 キリム織りのHPはこちら → キリム織り




手仕事フェスタ4+東北の手仕事に出かける

 昨日、横浜市都筑区中川で行われている「手仕事フェスタ4+東北の手仕事」に

出かけました。    紹介はこちら → 6月1日のブログ

 日中は電車の急行の本数が減らされているので思ったよりも時間がかかりました。

モデルルームの展示場の中の情報館で、行われていました。

手仕事フェスタはアジアなどの手仕事を紹介するイベントなので、国際色豊かです。

世界の人々の手仕事、東北の手仕事が伝えられています。


 写真も自由ということなので、津軽こぎん刺しも撮ることができました。

手仕事フェスタ4+東北の手仕事 津軽こぎん刺し1


手仕事フェスタ4+東北の手仕事 津軽こぎん刺し2

手仕事フェスタ4+東北の手仕事 津軽こぎん刺し 3

手仕事フェスタ4+東北の手仕事 津軽こぎん刺し4


 繭から糸を紡いだり、キリム織りの実演を見ることができました。

キリム織りは西アジア地方の織りです。

手仕事フェスタ4+東北の手仕事 キリム織り 1

手仕事フェスタ4+東北の手仕事 キリム織り 2

木枠を使ってキリム織りができるというセットがあったので、買ってきました。

ちょっとしたものなら毛糸でキリム織りができるということです。


 入口のところで東北地方の名産品の販売がありました。

木のお皿があったので、小物入れ用に買ってきました。軽くて手触りが気に入っ

ています。直接食品をのせても大丈夫なのですね。

石巻の北の方にある登米市の「もくもくハウス」パンフレットで場所を確認しま

した。





カルガモ同好会

 5月12日にブログにアップしたカルガモの赤ちゃんはその後姿が見えな

くなりました。同じマンションに住む人と一緒に見に行ったりもしましたがい

ません。


 その後いつ行ってもカルガモの赤ちゃんの姿が見えないので、諦めていた

ところ、5月28日に散歩に行った夫が6羽の赤ちゃんと会ってきました。

27日に12羽生まれたそうです。27日に私が行った時はいなかったので

その後生まれたのでしょう。

28、29日の台風にもかかわらず先週初めは5羽、先週末は3羽と何とか

育っています。夫は休みの日は朝一番で、カルガモの観察に行っています。

生まれたてに出会ったので思い入れが強いようです。

母親カモは小柄なせいか、赤ちゃんも小さくてなかなか大きくなりません。

今年最初の母親カモも小柄でしたが、この母親はいじめられている様子はあ

りません。(同じカモかどうかもわかりません。)


カルガモの赤ちゃんとスイレン 1

カルガモの赤ちゃんとスイレン

 
 5月23日に川沿いにカルガモの赤ちゃんに出会ってそちらの観察にも行っ

ていましたが、28、29日の大雨で流されたのか姿が見えなくなりました。
 

津軽こぎん刺し紹介のイベント

 いつの間にやら6月になってしまいました。

今月は、津軽こぎん刺しを紹介する催しがいくつかあります。


1.手仕事フェスタ4 +東北の手仕事 


1. イベント名称:「手仕事フェスタ4」+「東北の手仕事」 〜「Hand in Hand  つなぎ、つむぎ、伝えよう。世界の手仕事、東北の手仕事」〜
2. 日程:2011年6月10日(金)11日(土)12日(日) 10時30分〜17時
3. 会場:ハウスクエア横浜住まいの情報館内ハウスクエアホール及び館内(横浜市都筑区中川1-4-1/横浜市営地下鉄「中川」駅下車2分/TEL: 045-912-4110)
4. 内容:世界と東北の手仕事展示販売及び関連イベント
5. 企画運営:手仕事フェスタsui + 美しい世界の手仕事プロジェクト
6. 後援:ハウスクエア横浜((株)日本住情報交流センター)        HPより
                
HPはこちら→手仕事フェスタ4 +  東北の手仕事

震災の被害を受けた東北地方の支援と東北の手仕事の紹介を兼ねて

企画されたようです。

山崎道弘さんが蒐集されたこぎん刺しコレクションが展示されます。


2.ドキュメンタリー上映会

  「Life in Film vol.1 布と生活」 


 1. 日程 6月18日(土)、19日(日)時間の詳細はHPへ
 2.場所 キャロットタワー内   (東急田園都市線、世田谷線 三軒茶屋駅)
      世田谷文化生活情報センター 生活工房

 3.内容 「津軽こぎん -高橋寛子 -1978年 25分」

HPはこちら → 「Life in Film vol.1 布と生活」

 6月25日にはものづくりワークショップ 「津軽こぎん刺しの美にふれる」

があります。(抽選 25名 詳細は上記のHPへ)

 「津軽こぎん 高橋寛子 1978年」は田中優子さんの「布のちから」
布のちから 江戸から現在へ布のちから 江戸から現在へ
(2010/12/07)
田中優子

商品詳細を見る
で紹介されていて興味があるのだけれども、先約があるので行くのは

難しそうです。