月見草日記
自分の興味のおもむくままに書いていきます

開くとかたまるブログ

 今日お気に入りだったブログのRSSを削除しました。

なぜかそのブログを開こうとするとパソコンがフリーズして時間を取られ、

他のブログが見られなくなってしまうのです。

家のパソコンのメモリーのせいか、確かにそのブログの写真は大きくて、

たくさん載せているからなのかもしれません。

 心配する人がいると困るので付け加えました。↓

(そのブログはFC2ではないし、コメント交流もしていないブログです。)


 あと、関係ないけれど、このFC2のブログの記事を更新する時、原稿を

書いてすぐ公開するときは、問題はないのですが、気合いを入れて下書き

保存しながら記事を書いたり、写真をアップさせたりしていると途中で急に

まだ保存していない書きかけの記事が急に消えることがあり、冷や冷やもの

でした。

先日、ユーザーフォーラムで色々調べたとき、リアルプレビュー(入力する

記事の上に出るものです)の設定をOFFにするといいという書き込みがあ

ったので過去の記事のリアルプレビューをOFFにしています。

最近、長い記事を書いていないこともあってか今のところ順調です。



スポンサーサイト

津軽こぎん刺し展のお知らせ

 鎌田久子先生が代表の『藍と白の会』の津軽こぎん刺し展が

来月あります。お時間のある方はどうぞ。

 
 津軽こぎん刺し展

 松島ギャラリー


口蹄疫とゴールデンゲームズinのべおか

 今日、22日は宮崎県の延岡市で、陸上の中・長距離の大会の

第21回ゴールデンゲームズinのべおかが開催される予定でした。

それが、口蹄疫の影響で、中止になりました。

ベスト記録をねらって調整してきた選手にとって中止はショック

だと思いますが、この非常事態では仕方がありません。

そして、家族同様に育ててきた牛や豚を殺処分しなければいけない

畜産農家の気持ちを思うと心が痛みます。早く収まりますように!!

 

江戸東京博物館の龍馬伝

 6月6日までやっている江戸東京博物館の龍馬伝に

昨日行ってきました。

大相撲巡業中は月曜日も開館しています。

両国の駅を降りると大相撲の幟が見えます。

 大相撲 幟

 江戸東京博物館 龍馬伝

 企画展の中は写真禁止なので、撮ることはできません。

龍馬の書簡などが多く展示されていました。

龍馬によると、加尾よりも佐那のほうが美人だったそうな。

「かほかたちすこしよし」そんなことまで、姉に知らせて

いるのね。

人に愛され、出会った人から多くの物を学んでいった龍馬。

その人脈には驚かされます。

TVでは触れられませんでしたが、佐久間象山のところでも

学んだようです。

また、武士は漢詩を学ぶけれども、龍馬の家は和歌の素養が

あり、龍馬も和歌の方が好きだったことなどを知りました。

これからのTVの展開が楽しみです。


 帰りに江戸博物館のミュージアムに立ち寄ったら、もう、

絶版だと思っていた荻窪清子著 京都書院美術双書の

『日本の染織 13こぎん・刺し子』があったので、買い求

めました。



もみじのプロペラ 翼果

 先週、散歩で見つけました。

翼果 1

風が強かったので、地面にはこの通り。

翼果 2


写真をぼかす

 ソース画面で、画像のぼかしが指定できることを今日知りました。

鬱金 


鬱金



こぎん刺しをペイントで遊ぶ

 写真の整理をしなくては、とパソコンに向かったものの、

ワードシェイプとペイントを使ってこぎん刺しのデザインが

できないかまたまた挑戦してみました。

これは1年以上も前から時々思い出しては挑戦してきたものです。

   島田刺しと花コ完成

昨年の2月にこのバッグを作るとき、方眼紙で、図面を引きました。

当時の記事です。


2009 2月10日 こぎん刺しの記事

 今だったら、オレンジは小枕(大)19目、白いところは糸目入り豆9目

と説明を加えるところです。

ワードシェイプで、枠組みを作り、それをペイントに貼り付け色をつけました。

出来が悪いので、油断すると、すぐ絵の具がはみ出て予期せぬところの色も

変わってしまいます。

  こぎん刺し ペイント 1

上の緑を反転させたら赤と黒になりました。

  こぎん刺し ペイント 2

赤を青にしてみました。

  こぎん刺し ペイント 3

真ん中の黒いところを青にして、また色を変えてみました。

  こぎん刺し ペイント 4


いよいよ写真の整理の時期?

 いつもの池のカルガモの赤ちゃんはその後出会いません。

行く度にがっかりして帰ります。

月見草のブログを訪問しても更新してなかったら、がっかりして引き返

すのと同じ気分かもしれませんね。

そろそろ更新しなくてはいけません。(笑)


 ネタがないわけではありません。あれも書きたいこれも書きたいと書き

たいことはたくさんあるのですが、記事にまとめる切り口を考えているう

ちに時間が過ぎてしまいます。


 昨年神代植物公園の水生植物園のもみじに可愛いプロペラのようなも

のを見つけました。最近になって他の人のブログでそれが翼果というもの

だと知りました。よし、それをネタにしようと昨年、撮ったはずの写真を探

しているのですが見つかりません。

ピンぼけしていたので、削除したのかもしれません。


 それにしても写真の増えたこと増えたこと・・・。

探しにくいのでいよいよ整理しなくてはいけません。

パソコンに何かあっても対処できるよう、バックアップもしたいし・・・。

今日は雨なので、家仕事にはちょうどいいかもしれませんね。






 

中山道ウォーキングから日光・奥州道中ウォーキングへ

 今年1月1日に三条大橋を出発した中山道ウォーキングは

先月の4月25日に無事、日本橋に到着しました。

今は、日光・奥州道中ウォーキングで、北に向かっていると

ころです。


 昨年10/9~15日の7日間と今年4月末4/24~30の7日間の

体重、体脂肪率から予想される体脂肪の平均を比較してみました。


  体重  ー2.2kg      体脂肪  ー2.1kg


100kgの体重が60kgになったというわけではないので、

こんなものですかねぇ~。

5年前に買って2.3年前には入らなくなったズボンが気がつい

たら入るようになっていました。

ウォーキングの成果なのか、『おしゃれ工房』2月号でたまたま

やっていたベリーダンスの動きを時々家でこっそりしているのが

よかったのかしら。  (ただし、まだまだぽっこりおなかです。)





カルガモの赤ちゃんその後

 4月26日に動画で紹介したカルガモの赤ちゃん、その日の

午前中に13羽姿を見て以来、一度も見ていません。

      (動画は4.24に撮影したもの)

24日には13羽、2日後の26日も13羽、今年はたくさん

成長してくれるかなと楽しみでした。

今年の母さんガモは昨年の母さんガモと子育てのスタイルが違

います。

昨年の母さんガモは自分が先頭になって泳いでいて、

後ろの赤ちゃんに目をかけている様子がありませんでした。

あれだと、後ろを泳いでいる赤ちゃんにトラブルがあっても気

がつかないだろうなと言う感じでした。

今年の母さんガモは26日に私が見たときはしんがりの赤ちゃ

んに目をかけていて、先頭の子達はだいぶ先に行っていました。

心優しい母さんガモなんだと思ったものです。


 ところが、この優しい母さんガモがそのあと他のカルガモの

夫婦の攻撃に遭い雛を連れてこの池から脱出したらしいのです。

              (父親はどこに行った?)  

道路を赤ちゃんを連れて親ガモが歩いていたのを目撃した人が

いるそうです。また親ガモが1羽でトボトボ帰るのを別の人が

見かけたそうです。逃避行のうちに他の敵の餌食になったので

しょうか。

 在りし日の赤ちゃんの写真です。(4.24撮影)

 2010 カルガモの赤ちゃん 1

 2010 カルガモの赤ちゃん 2

 こちらは同じ日に撮った鳩のカップル。

 2010 鳩






ツツジだけではなかった

 ツツジだけではなく、さまざまな花が目を楽しませてくれます。
     クレマチス 
      ベランダのクレマチス

 近所を散歩して見かけた花
 牡丹
  牡丹

 藤 
  藤