我が家の第一号

 我が家でもついにやってきました。新型インフルエンザ。

満員電車で通勤・通学しているので、いつか誰かがとは覚悟はして

いましたが、長男がどこかでもらってきました。

( 学校からもらってきたことがわかりました。18:36 追記)


 一昨日の水曜日、夜の7時過ぎに帰ってきた長男。咳が出ています。

夕飯も要らないと布団を敷いて寝てしまいました。熱を測ると37,9℃

です。夕方から急に熱が出たといいます。

「連絡してくれれば、駅からの通り道に個人病院があるから

そこで診てもらえばよかったのに。明日の木曜日は休診だよ。」

そこの診療受付は午後6時30分までとなっていたので、うまくす

るとその日のうちに診てもらえたかもしれません。


 いつもは同じ部屋で寝ている次男もリビングで就寝。

長男の方は夜、38.6℃まで出たようです。朝は37.6℃。

咳も治まっていましたが、病院を受診することにしました。

家の近くのもう一つの個人医院も木曜日は休診です。

地域の総合病院で、この前私がメタボ健診を受けたときに

発熱外来があったので、電話をかけて行くことにしました。


 近所は木曜休診のところが多いし、何時間も待たされるか

と思いましたが、行った時間がよかったのか、この地域では

まだそれ程患者がいないのか、意外と空いていました。

3~4組の他のグループと会いましたが、ブースが分かれていて、

他の患者さんとはできるだけ会わないよう配慮がされていました。


 病院で体温を測ったら、37℃。発熱外来に来ない方がよかった

のかと思いました。インフルエンザのキットの検査を受けるかどうか

の確認をする欄もありました。細かいところは忘れましたが、発症し

てから8~12時間経たないとインフルエンザのウィルスがみつから

ない場合があること、2週間(?)以内に再度キットの検査を受ける

場合は東京都では(?)2回目は自費扱いになり3,440(?)円

かかるようなことが書いてありました。


 長男が小学校の頃インフルエンザにかかった時はタミフルもまだ

なく39℃を越える熱が何日も続きました。それと比べるとインフル

エンザにしては軽いのですが、検査を受けるために来たので、当然

キットの検査を申し込みました。診察が始まるまで付き添いは一般

の人も通る廊下で、患者は中で待ちました。(一般の内科担当の医

師が検査の結果が出た頃に呼び出されて発熱外来の患者を診るよ

うです。幸いなことに発熱外来の患者は行列を作る程ではないよう

です。)


 ただの風邪だったら、インフルエンザのウィルスをもらう確率を高める

ために病院に来たことになるのかしら・・・。と思ったら


 結果はA型!! タミフルを5日分処方してもらいました。

リレンザとどちらにしますかと言われたので、選択できるらしい。

 
 あまりにも軽いと本人が気付かずに出歩く人もいるかもしれません。

付き添いがいないと会計や、薬局に行くのも患者本人がするので、

どうしても感染が広がって行くのでしょう。


 今のところ他の家族は無事です。

急速に広がって、キットや治療薬、そして入院のベッドなどが足りなく

ならなければよいなあと思いました。









スポンサーサイト

ワードシェイプの富士山

 今朝、7:19の富士山です。

ワードシェイプで額縁をつけてみました。

ワードシェイプの富士山

ワードシェイプのこぎん刺し

 ワードシェイプでこぎん刺しの模様を作ってみました。

額縁にする余裕はまだないので、ここまででブログアップです。

模様はだんぶり(とんぼ)23目です。

 こぎん刺し ワードシェイプ だんぶり

 6月11日の記事 『Excelで作ったこぎん刺し模様』、『Excelで作った

こぎん刺し模様 その後
』よりはこぎん刺しらしく見えます。

tag : こぎん刺し

THE ハプスブルク

 一昨日、国立新美術館で開かれている『THE ハプスブルク』

行ってきました。興味はあるけれど、ハプスブルク家ですぐ名前が出

るのは、マリア・テレジアとマリー・アントワネットぐらいです。先入観な

しで行くのもいろいろ収穫があると思い、帰ってからの復習に期待です。


  地下鉄千代田線の乃木坂駅で降りると美術館直通なので、じっくり

国立新美術館の建物を見たことがありませんでした。(帰りに撮影)

 国立新美術館

 THE ハクスブルク

 日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国(当時)とが国交を結んで

140年の節目にあたる2009年、ウィーン美術史美術館とブダペスト

国立西洋美術館の所蔵品からハプスブルグ家ゆかりの名品を中心に

絵画や工芸品が紹介されています。


 THE ハプスブルク 絵

 左はベラスケスの『白衣の王女マルガリータ・テレサ』(1656頃)

この絵の隣には、同じくベラスケスによる弟の皇太子フェリペ・プロスペロ

の絵も飾られていました。この皇太子はわずか4歳でなくなったとか。

マルガリータも15歳でレオポルト1世に嫁いでスペインからウィーンに来ま

したが、21歳でなくなったそうです。レオポルト1世の再々婚との間に産ま

れたのが真ん中の絵のマリア・テレジアです。


 真ん中のアンドレアス・メラーの『11歳の女帝マリア・テレジア』(1727)

歴史の教科書に載っている貫禄のあるマリア・テレジアとは別人のようです。

16人も子供を産み、女帝としてハプスブルク家を守らなくてはならなかったの

で、貫禄がつくのは当然なのかもしれません。ちなみにマリー・アントワネットの

母親です。


 右側がヴィンターハルターの『オーストリア皇妃エリザベート』(1865)

話題には事欠かない皇妃でミュージカルの題材にもなっています。

(以前に聞いたことはあったけれども、結びつかなかった)

身長172cm前後で、体重47~50kg、ウエスト50cm前後

美を追究して、努力を惜しまなかったそうです。

姑のゾフィーと折り合いも悪く、ウィーンの宮廷生活を嫌って放浪の旅に

出ていたことが多かったとか。息子のルドルフ皇太子が30歳で心中した

りと不幸に見舞われます。最後はレマン湖で、無政府主義者ルイジ・

ルッケーニに鋭利なヤスリで心臓を一突きされて、殺害されたそうです。


 妻エリザベートが放浪の旅に出ても、費用をきちんと出してあげた夫の

フランツ・ヨーゼフ1世 ハプスブルク家で、最後から2番目の皇帝で、68

年間もの長い間、困難な時代、国家を支えてきた実質上の最後の皇帝で

す。ウィーンの環状道路(リングシュトラーゼ)を造ったのも彼の時代です。

明治天皇が画帖や蒔絵棚を贈ったのは、このフランツ・ヨーゼフ1世に対し

てだったのですね。これらの画帖や蒔絵棚も里帰りして見ることができまし

た。


 ウィーンへいつの日にか行ってみたいとつくづく思いました。














 


額縁仕立て

 夏に刺した新潟県のこぎん刺し、最初の試作品は大味過ぎて

ほどくのももったいないし、額を用意するまでもないしとずっとほっ

たらかしになっていました。


 こぎん刺しの教室で、額縁仕立ての方法を習ったので、練習を

兼ねて額縁仕立てにしてみました。


 額縁 新潟 1

 木の額に入れたものよりたくさん刺しています。

 額縁 新潟 2

 コースターなども楽に作れそうな気がしてきました。






 

tag : こぎん刺し

箱根駅伝予選会

 一昨日の17日に箱根駅伝の予選会が立川市の国営昭和記念公園を

ゴールとしてあり、TVでも放映されました。

昨年は用事で観ることができませんでしたが、今年はしっかりとTV観戦

しました。


 20kmのコースを12名の選手のうち上位10名のタイムの合計で競い

ます。8校はタイム順で決定されますが、あとの3校は関東インカレポイ

ントの得点と併用して決定されます。

 予選会で出場が決まったのは以下の11校です。

(1)駒大 (2)東農大 (3)上武大 (4)日体大 (5)帝京大
(6)城西大 (7)専大 (8)青学大 (9)東海大 (10)亜大
(11)法大

箱根駅伝出場権獲得おめでとうございます。

 
 そして、個人で1位となった東海大の村澤明伸選手の59分08秒や

箱根駅伝出場が決まった大学の選手とはタイム的には勝負にならない

のでしょうが、何人かの知り合いのタイムをチェックして成長ぶりを感じる

楽しみもあります。中でも息子と同じ中学の陸上部だったS君が国立大生

でありながら毎年参加しているのを知るとよそのお子さんながら嬉しく思い

ます。20kmも走れるなんてすごいですね。


 駅伝ではありませんが、昨日、横田真人選手(慶大)が800mで

1分46秒16の日本新を出しました。15年ぶりの日本新です。

高校の都大会の時からダントツでしたが(その前のことは知りません)、

ついに日本記録更新です。おめでとうございます。






ウォーキング その後 1

 ウォーキングをしてから26日目。

東海道ウォーキングでは今は薩多峠です。

日本橋から157.6km。1日平均6kmぐらいです。

でもこの新しい歩数計、階段を上り下りするとたくさんカウントしてくれる

ようです。まぁ、いいか。


 昨日は新しい道を開拓しようと違う道を行ったら、曇っている日だった

ので道に迷って元の場所に戻ってしまいました。今日は地図を持って

行きました。近道を発見。でも坂道なので、急いでいる時だけ通ること

になりそうです。


 昔、夫が買った体脂肪計があったはずなのにいつの間にか壊れたのか

アナログの体重計しかありませんでした。先週、体脂肪計を買いました。

子供の●倍ぐらい体脂肪があるのはショックでした。まだ1週間ぐらいしか

きちんと測定していないので、はっきりした成果は出ていません。

いい結果が出たらお知らせしますね。


 ウォーキングをすると1日が忙しいですね。

パソコンに触る時間も減りました。こぎん刺しもなかなか進みません。

毎日の犬の散歩、つくづく大変だと感じました。












いつお化粧したの?

 昨日、今日と朝晩の冷え込みが強くなってきました。

 2009 10.11 富士山 

 拡大すると

 2009 10.11 富士山 拡大

 今朝の富士山です。

10月8日には白くなっていなかったのにね。

台風一過

 台風18号は本州を縦断し、様々な被害を起こしました。

被害に遭われた方々のお見舞い申しあげます。


 昨日、17:13の写真です。

 2009.10.8 富士山


 富士山が久しぶりに見えました。

台風18号 実況中継

 台風18号が愛知県知多半島に上陸し、長野県、そして群馬県を

北上中です。各地で被害が起きています。皆さん無事でありますように。


 こちらは、8時半ごろから急に青空が見られることもありました。

雨が激しくなることはなさそうです。暑くなってきました。

台風18号 1  台風18号 2

 風が強いです。外に出ると昨日とは違った光景が見えました。

台風18号 3

 首都圏のJRは運転を見合わせているところが多いです。

こんな日なのに他の家族はいつも通り出かけています。

高橋克彦の『楽園にようこそ』

 最近、高橋克彦の本をまた読んでいます。

昨日読み終えたのは、『楽園にようこそ』
楽園にようこそ楽園にようこそ
(2007/09)
高橋 克彦

商品詳細を見る

 エッセーです。今までバラバラだった作家の人物像がつかめた気がします。


 9月11日の記事で、宇江佐真理さんの『寂しい写楽』を書いた時に

久しぶりに高橋克彦氏の作品を思い出していました。

ちょうどその翌日の夜、TVで観た『だましゑ歌麿』の原作が高橋克彦氏だった

ので、そのあと、シリーズものの『おこう紅絵暦』、『春朗合わせ鏡』、

『蘭陽きらら舞』を図書館で借りて読んでいました。気楽に楽しめる本です。


 本を返す時に新しく借りてきた本のうちの1冊が『楽園にようこそ』です。

作者はミステリー、伝奇小説、歴史小説、時代小説と多岐に渡ります。

UFOが出てくる話は?????だけれど以前読んだ『火怨』、『炎立つ』は

歴史への興味を引き出してくれました。九戸政実が主人公の『天を衝く』は

まだなので、いつか読んでみたいなあ。







世界各地の民芸品

 ここ何日か記事にしたいと思いながらそのままにしていたこと。

 それは、神代植物公園に行く前に井の頭公園の西園であった三鷹国際

交流フェスティバルに立ち寄ってきたことです。毎年秋に開かれるようです。

各国の民芸品や料理、舞踊などが楽しめます。民芸品とくに布関係の小

物を中心に見て回りました。アジアやアフリカ関係が多く出展されています。


 ラオスのテントショップで売られていたこぎん刺しのような布(刺したのでは

なく織りです)、バングラデシュのガロのポーチなど気になるものがたくさんあ

りました。

 参考までにフェスティバルの物とは違いますがラオスの織物の写真をリンク

します。

クリックするとラオスの織物の雰囲気が味わえます矢印ラオスの織物

 バングラデシュのポーチは手頃な値段だったので買いました。

 バングラデシュのポーチ



中でも、マリ共和国の染め物で藍染めがあったのでびっくりしました。調べて

みるとマリ共和国の藍染めは1000年近くも歴史があるそうです。日本では、

タデから藍をとりますが、マリ共和国では豆科の木藍からとるそうです。


 マリ共和国・・・・と思いを巡らせていたら昨日NHKの世界遺産ではマリ共

和国のガオにあるアスキア墳墓でした。15~16世紀のソンガイ帝国の頃、

ニジェール川沿いのガオは金と岩塩の交易で栄えたそうです。トンブクトゥの

モスクもマリにあります。

遙か遠い国なのに藍染めの布を見たら身近に思えてきました。


 ギリシアのコーナーでは20数年前、新婚旅行で買って今でも

パソコンの側に置いてあるクリップがありました。

ふくろうの民芸品もありました。アテネの守護神アテナは知恵や

芸術の女神で、ふくろうが世界中で「知恵のシンボル」といわれた

有力な起源といわれているそうです。







 

tag : こぎん刺し

プロフィール

月見草

Author:月見草
熱中しやすい専業主婦
津軽こぎん刺しが好き

最新記事
コメントありがとう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2009年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


FC2カウンター
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • パソコン(33)
  • 歴史・地理(31)
  • こぎん刺し(110)
  • その他の手作り(11)
  • 陸上(8)
  • 音楽(5)
  • べランダガーデン・花(45)
  • 読書(6)
  • 鳥(15)
  • 片付け(7)
  • 日々のこと(264)
  • 雑感(10)
  • その他(1)
最新トラックバック
ブログ内検索
リンク
こぎん刺しのお気に入り
陸上関係のお気に入り
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR