阿修羅展

 混んでいるというので、躊躇していましたが、昨日行ってきました。

      『阿修羅展』

  阿修羅展についてはこちらから →阿修羅展

 阿修羅展

 頑張って9:30の開場前に着いたものの長蛇の列。日傘もたくさん貸し

出しています。中も人・人・人・・・・。マスクをしている人も1割程いましたが、

これだけの人の中、展示物を見るには相当の体力が必要です。新型インフ

ルエンザの人は来ていないことを信じて行きました。


 八部衆、十大弟子の像が展示されています。

鳥頭をした迦楼羅(かるら)の像などは1度見たら忘れられません。


 阿修羅について、ペルシアのゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーが

インドに伝来して「アスラ」になり、中国で阿修羅の音訳を当てたという解説

がありました。今年は松本清張展に続いてゾロアスター教と縁があるようで

す。(4月20日の記事です。)


 阿修羅像の周りは人だらけでなかなか全体を見ることができません。

遠くを見つめているような目をした少年、無駄な肉がついていないほっそりし

た少年の姿という感じがして人気があるのがわかるような気がします。


 第2会場では、運慶の父、快慶の師である康慶作の四天王立像がありまし

た。四天王はそれぞれ守る方角があります。「東南西北」に対して、「持国天、

増長天、広目天、多聞天」です。なかなか覚えられませんね。手に何を持つか

決まりがあるようです。『仏像のひみつ』を出してきてまた見ています。
仏像のひみつ仏像のひみつ
(2006/05/27)
山本 勉

商品詳細を見る


 
 帰る時には入場を待つ人の行列がもっと長くなっていて待ち時間が90分と

なっていました。

 阿修羅展の行列


 阿修羅の敵役だった帝釈天にも行きたいですね。
 



スポンサーサイト

桑の実

 ご近所ブログで桑の実が紹介されていたので、昨日(5/26)場所を

確認してきました。

 桑

 桑の実 アップ

下の写真はクリックするともう少し大きくなります。

(320×240でもサムネイルができるということですね。)


 野生の桑の木は、川の側に生えていることが多いのでしょうか。

以前住んでいた川の側にも生えていたような気がします。

桑の実は熟すと黒くなって食べられるそうです。私は食べたことがありませんが

そのままでもジャムにしてもおいしいそうです。




 

サムネイル 今頃になって知ったこと

サムネイルで写真をブログにアップさせて、その写真をクリックすると、虫眼鏡なものが出

 

てきてをクリックすると自動的に拡大します。私のブログではサムネイルで記事を書

 

くことが少ないので、虫眼鏡マークが出てこないけれど、どうしたら、出てくるのだろうと

 

気になり出しました。



 自分でサムネイルを作って確かめてみました。 (私のパソコンはWindows XPでIE7)




 バラ園 640×480クリックすると640×480になります



これは640×480に縮小してFC2にアップロードしたものです。

 

ポインター(矢印)を画像の上に持っていくと虫眼鏡が現れます。

 

画面を最大化するとよく見ることができます。



 同じ様でも320×240に縮小してFC2にアップロードした場合はいくら大きく



したくても元が小さいので、虫眼鏡マークは出てこないようです。IE7のパソコン



の右下の虫眼鏡をクリックすると大きさをかえることはできますが。



 バラ園 320×240クリックすると320×240になります

 写真の扱いの上手なブロガーさんはサムネイルを充分使いこなしているようで、

 

学ぶことがたくさんあります。




ぶきっちょさんの洋裁

 実家の衣替えを手伝いに行ったら私が独身の時に縫った浴衣が出てきました。

浴衣を縫ったのは後にも先にもこの1枚限り。職場のみんなと習いに行った着付

け教室の先生に教わって縫った事を思い出しました。そういえばここ何年も洋裁

すらしていません。久しぶりに何か作りたくなってインド綿を買いました。泥染めな

ので水で洗ってから作ってくださいと言われ、泥染めなる言葉を初めて知りました。

自転車が生活の足なのでスカートやワンピースはほとんど着ません。洋裁は本格

的なものは作れないので、図書館で借りた『ぶきっちょさんのソーイングレッスン』か

ら自分で作れそうなものを適当にアレンジして作りました。久しぶりのジグザグミシン。

最初ミシンも糸調子が悪くて心配しましたが段々良くなって安心しました。


  インド綿で手作り

 チュニックもどき、スモックもどきのブラウス?が出来上がりました。

新しき住民

 5月8,9日に紹介した子ガモたち。

日曜日の10日の午前には1羽だけになってしまいました。

16,17日には1羽もいなかったと家族がいって心配したものの18日には元気な

姿を見せて一安心。

それでもこの現実をどうやって報告しようかと思いながら今日行ってみたら・・・・・

 新しい親子 1

 子ガモがたくさんになっている

 今までの親子はこれです。

 今までの親子


 新しい家族の子ガモたちは12羽です。

 新しい親子 2

バラフェスタ前の神代植物公園

昨日神代植物公園へ行ってきました。

 

 バラフェスタは5月16日(土)から31日(日)まで開かれるというので、

平日にもかかわらずバラ目当てに多くの人が来ていました。


 正門を入って右手に行くとこの前(4月24日 ただしブログの記事にはしていません)

咲いていた牡丹のかわりにシャクヤクが咲いていました。

 シャクヤク ピンク 1

 花香殿
花香殿


 シャクヤク ピンク 2


 そしてバラ園へと行きます。

 神代植物園 バラ園


家に帰って写真を整理していたら系統HTと系統Fの写真があることがわかりました。

 

 系統HT Hybrid Tea Rose(ハイブリッド ティー ローズ)

四季咲き大輪系バラで、1茎に1花咲きます。
 ゴールデンメダリオン
ゴールデンメダリオン 1984 ドイツ 系統HT


 ピース 1
ピース 1945 フランス 系統HT


 ピース 2
ピース 1945 フランス 系統HT

上2つともピースです。ピンクぽいのとクリーム色っぽいのがありました。

第2次世界大戦後平和への希望をこめて名付けられたそうです。


 プリンセス ド モナコ
プリンセス ド モナコ 1981 フランス 系統HT

モナコ公国王妃となった女優の故グレース・ケリーに捧げられたそうです。


 系統F Floribunda Rose(フロリバンダローズ) 

1茎にたくさんの花が咲きます。

以下の2つがそうです。
 ブルー バユー
ブルー バユー 1993 ドイツ 系統F


 緑光(千鳥)
緑光(千鳥) 1991 日本 系統F

京成バラ園作です。

 


 背の高いバラもありました。青空に向かって咲いています。

名前を写してくるのを忘れました。
 ピンクのバラと青空

 神代植物園のバラ

それから温室に入りました。

 パピルス

パピルス カヤツリグサ科 熱帯アフリカ原産

 

Paper(紙)の語源となった植物は、右側のまっすぐ生えている植物です。

 

「エジプト・ナイル川流域に成育し、古代エジプトでは茎の髄から

 

紙を製造した。また一種のボートや衣類などを編んだ。」そうです。

 

青い蝶のような花を見つけましたがうまく写真に撮れていなくて残念。

 

クレロデンドロム・ウガンデンセというクマツヅラ科の植物です。

 

今度行った時に咲いていたら紹介しますね。

 

 

 






 

横島直道さんの『津軽こぎん』

 昨日はあわてて出かけたら書きかけの下書きを公開してしまったようです。

ご迷惑をおかけしました。


 図書館に予約していた横島直道編著の『津軽こぎん』(日本放送出版協会)が

手元にきたので、読んでいます。この本を読むと、こぎん刺しの歴史、こぎん刺し

の研究の歴史、弘前こぎん研究所の歴史がよくわかります。また当時のこぎん

の生き証人の話、そして当時のこぎんの担い手の前田セツさんや工藤得子さん

も紹介されています。横島直道さんはこの本の完成をみることなくご逝去されま

した。病床でまとめられたのでしょうか。こぎんに関わる何人もの人の協力によっ

てこの本が出版された事を知り、感慨を深くしました。


 横島直道さんは大学で応用化学を学ばれ、学校卒業後数年間は有機合成染

料に関する化学の研究に従事されていたそうです。昭和7年に木村産業研究所

に入所し、ホームスパンの部門(羊毛、毛糸、毛織物etc.を扱ったらしい)を担当

するとともに植物染料を研究するように命ぜられ、植物染料による染色の化学的

吟味という題目に沿って研究されたそうです。そして戦後はかねてから関心を深

めていた「津軽こぎん」の復興製作に全力を注ぐことになったので、その方に、植

物染料の研究が生かされるようになったそうです。


 こぎん刺しの技法についても理系の方なので順序立てて説明されています。

Ⅱ章の「こぎん刺の技法」でこぎん模様の構造・その数学的側面として「囲み」

「流れ」の入れ方について説明がされています。囲みには「併せ模様の囲み」と

「重ね模様の囲み」があってそれぞれの計算のやり方が書いてあります。

 併せ模様
            併せ模様


 重ね模様
            重ね模様

 私が刺した1/8の「ベコ刺しとウロコの枠」が併せ模様で1/13の 「矢の羽刺し

1/23の「糸目入りくるみのからと石だたみ」が重ね模様というようです。

 計算の仕方はこれです。

 計算の仕方

重ね模様の計算の仕方は複雑なようで、元目に「二」を加えるのがポイントのよう

です。足目「二」は同じ目数の模様で囲む場合に限るが模様によって異なるそうです。

表では足目になっているのが文章では増目になっているのですが・・・・。!?!?
 
いずれにせよもっといろいろなこぎん刺しを刺せるようになったらわかってくると

思うのでそれまでの楽しみにとっておきます。


 それよりは簡単な併せ模様の例としてベコ刺しを糸刺し4本で囲み、石ダタミ1つ

で囲む場合が紹介されています。表の通りだとどうも数があいません。

方眼紙に書いてみました。

 Ⅱー31 方眼紙へ

 1つわかったことは、このベコ刺しは37目のベコ刺しだということです。

工藤得子先生や鎌田久子先生、そして木村操先生の図案によるベコ刺しは39目

なのですが、弘前こぎん研究所の図案やINAXの『津軽こぎんと刺し子 はたらき

着は美しい』では37目になっています。指5本の真ん中は3と同じように37の真ん

中は19 ベコ刺しの目数19の数字の出所はわかります。糸刺4本で増目が16で

目数が35になるまではわかります。石ダタミ1つで増目が17 目数が52という数字

がわかりません。この石ダタミは13×13なので増目が14で目数が49ならわかる

のですが・・・。誤植なのか?????もう少しいろいろな事をこぎんの教室で学んだ

ら、先生に尋ねてみようと思います。

tag : 津軽こぎん こぎん刺し

子ガモの動画

 nekoさんのブログに刺激を受けて動画のアップに初めて挑戦。

データのやり取りに思いの外時間がかかります。

子ガモの動画

[広告] アクセス解析

自然界の掟

 家の近くの池で11羽のカモの赤ちゃんが孵化したしたというニュースを聞いて

5月5日に見に行ったところ、4羽しかいませんでした。

 2009 5.5 子ガモ

 こんな鳥も遊びにきます。

 2009 5.5 ダイサギ(?)

 ずっと天気が悪いけれどカモの赤ちゃんが気になって今日行ってみると

2羽に減っていました。

 2009 5.8 子ガモ 2羽

 2009 5.8 親子のカモ

 池に住んでいる蛇に食べられるからとも言います。昨年も10羽以上孵化

したのにいつの間にか1羽だけになってしまいました。

自然界の掟とはいえ、2羽の子ガモの成長を願わずにはいられません。

筑波山へ

 家族4人でも日程が合わず、ゴールデンウィークはどこも行く予定はなかったの

ですが昨日急遽つくばエクスプレスに乗って筑波へ行ってきました。次男はサークルの

関係で不参加です。


 秋葉原からのつくばエクスプレス 私は初めてです。田植えをしたばかりの田圃を

見るのも久しぶりです。家の近くには畑はあるのですが、田圃を目にすることはあ り

ません。


 つくば駅から筑波山シャトルバス利用です。山道は1車線なので渋滞になるとどう

しようもありません。つつじヶ丘まで行くとこの調子だとあと1時間はかかるというので

予定変更で筑波山神社入口で降りました。ケーブルカーで筑波山頂駅へ。

あいにく下界は霞んでいますがまずまずの天気です。

    男体山(871m)、女体山(877m)

 筑波山 男体山より

 ガマ石

 筑波山 女体山より男体山を振り返る

女体山より。霞ヶ浦の方を写したかったのですがうまく写っていません。


 女体山よりつつじヶ丘を見る


  女体山からつつじヶ丘の展望。登り車線が渋滞しています。


 筑波山は奇岩怪石群だらけです。弁慶の七戻りや出船入船など名前がついて

います。下山した登山道も大きな石がゴロゴロしていました。

危なそうな所は両手も使って下りたのでカメラもリュックに入れたまま。

写真を撮るのも忘れていました。


 この奇岩怪石群はすべてハンレイ岩と呼ばれる黒っぽい石です。

7000万年ほど前に、地面の下で冷え固まったマグマの巨大な塊が地表に

現れたものだそうです。


 下りただけなのに今日は久しぶりに筋肉痛になっています。でもこの筋肉痛、

家族の中では私だけのようです。


 



 
 



プロフィール

月見草

Author:月見草
熱中しやすい専業主婦
津軽こぎん刺しが好き

最新記事
コメントありがとう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2009年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • パソコン(33)
  • 歴史・地理(31)
  • こぎん刺し(110)
  • その他の手作り(11)
  • 陸上(8)
  • 音楽(5)
  • べランダガーデン・花(45)
  • 読書(6)
  • 鳥(15)
  • 片付け(7)
  • 日々のこと(264)
  • 雑感(10)
  • その他(1)
最新トラックバック
ブログ内検索
リンク
こぎん刺しのお気に入り
陸上関係のお気に入り
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR