スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハエトリコンクール

 私の小学生の頃の段ボールを整理していたら、ハエトリコンクールの

小さな賞状が出てきました。9ひきつかまえて6位とありました。

班ごとに競争したような気がします。

 当時の学校のトイレは当然汲み取り式。

学校内の美化週間の取り組みでした。

思い出したくないトイレですね。

そういえばいつの間にやらハエトリ紙を見かけることがなくなりました。






スポンサーサイト

旅とツアー

 気になっている言葉はメモしておかないとすぐ忘れるこの頃です。

TVで誰かが言っていたような気がするのですが、どの番組かも思い出せないし

誰が言っていたかも思い出せません。つい最近聞いた気がしているのですが・・・


 旅とツアーの違いです。

日常的にはほとんど同じに使っていますが、その本質はずいぶん違うというのです。

ツアーはtour turnと語源が同じでぐるりと回るということで、もとの日常の場所の戻

ってきます。それに対して旅というのは、日常の生活を飛び出し、非日常の世界に身

を置くことだといいます。旅をした後は元の場所に戻って来ることを前提にしていない

ということです。行き倒れになるかもしれない。しかし、旅をしたことによって旅をする

前の自分とは違う自分になるのが旅の本質だというのです。ツアーが円のイメージ

なら、旅は直線、道のイメージです。確かに自分探しに旅という言葉を使いますが、

ツアーという言葉は使いませんね。


ピーター・フランクル

 ここ数日間、引っ越しでもないのに、部屋の整理をしています。

古いノートを見たら、図書館から借りてきた本で気になったところをメモしてあり

ました。ノートにせっかく書いてもそのノートがすぐ埋もれてしまうので、備忘録

としてここにupしておきます。


 『数学放浪記』  ピーター・フランクル  晶文社  1992  p157より

  語学でも数学でもスポーツでも人の習熟度は、はじめ急激に進歩
  して、それから止まってしまう。あるいは後退するかのように感じら
  れる。たとえば三つのボールを使ったジャグリングなら一日ででき
  るようになるが、四個となると一ヶ月ぐらいが必要だ。さらに五個に
  挑戦すると一年間も練習をつづけなくてはならない。しかし伸びな
  やんだ長い時期をすぎると、また急激に進歩する時期がやってくる。
  それを何度も繰りかえして、ものごとは身についていく。人はよく「結
  果は努力と正比例して得られる」と思いがちだが、実際には、ものご
  との習得過程はこのような不連続な曲線を描いている。まったく進歩
  が感じられないようなときでも、いつかはよくなることを信じて努力を
  つづけなければならない。成果があらわれなくても悩むことはない。
  がんばりつづければ、かならず後から進歩がやってくるからだ。


 
 

  





レミオロメン

 
   

 卒業式で偶然知ったレミオロメンの『3月9日』

画面は変わりません。歌をじっくり聴けます。

  歌詞はこちら。→レミオロメンの3月9日
 
私たち夫婦のため(?)に作られたと思った曲です。

          今日3月9日は結婚記念日

忘れ得ぬおにぎり

 『月見草日記』とは名付けたものの日記ではなく、回顧録となっているブログ

です。


 今から30年以上も前のこと、上野発の夜行列車に乗り、青森に行きました。

「降りた時から青森駅は雪の中」ではなく、8月の終わり。青森の時の高校の

同級生と久しぶりに会うことになっていました。


 上野駅から夜行列車に乗った時、ねぶたも終わっていて思っていたよりも空いてい

ました。同世代の男の子と同じボックスで一緒になりました。実家に帰るということで

したが、残念ながらロマンスが生まれたわけではありません。私は家で夕食を食べ

てから夜行列車に乗ったのですが、その子は

「下宿のおばさんが作ってくれたんだ。」

とカバンからおもむろにおにぎりを出し、おいしそうに食べ始めました。

 
 おにぎりを見て目が点になりました。 えぇ

普通、おにぎりは、真ん中に具があると思いますが、そのおにぎり、大きさからして

普通の3倍以上、赤ちゃんの頭ぐらいもあります。具は梅干しなのですが真ん中に

1つだけあるのではありません。

あっちにもこっちにも1つのおにぎりの中に梅干しがたくさんあるのです。


 その子は別に驚いた様子もなく平然と食べているので私も平然さを保つのに大変

でした。それ以後こんなビッグなおにぎりにお目にかかったことはありません。


 それにしても、その列車 夜行列車なのに寝台ではなかったのが不思議でした。

1975年3月から1年半ほど「ゆうづる」の1往復が人員不足により、寝台をセット

せずに全車座席車だったそうです。今日になって知りました。







プロフィール

月見草

Author:月見草
熱中しやすい専業主婦
津軽こぎん刺しが好き

最新記事
コメントありがとう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • パソコン(33)
  • 歴史・地理(29)
  • こぎん刺し(109)
  • その他の手作り(11)
  • 陸上(8)
  • 音楽(5)
  • べランダガーデン・花(45)
  • 読書(6)
  • 鳥(15)
  • 片付け(7)
  • 日々のこと(260)
  • 雑感(10)
  • その他(1)
最新トラックバック
ブログ内検索
リンク
こぎん刺しのお気に入り
陸上関係のお気に入り
国盗りカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。