月見草日記
自分の興味のおもむくままに書いていきます

バッグ作りにまた挑戦 その2

 教材で刺したものがそのままになっていたので、時間をみつけては

また作品にしています。

 ろう引き持ち手を初めて使ってみました。

津軽こぎん刺し 5

津軽こぎん刺し 6


 ワイヤー口金18cm用に左右に足し布をしました。

津軽こぎん刺し 7

津軽こぎん刺し 8

ペタンコバッグ

津軽こぎん刺し 9
スポンサーサイト

バッグ作りにまた挑戦

 7月に津軽こぎん刺し教室展があり、燃え尽き症候群ではないものの

その後は小物作りをお休みしていました。

 
 久しぶりに読書をしたりして宿題以外はこぎん刺しとは関係ない生活を

送っていましたがそろそろ何か作りたくなってきました。

(写真はクリックすると大きくなります。)

     津軽こぎん刺し 4

色がずいぶん違いますね。上の物の方が実物に近いです。

 津軽こぎん刺し

 津軽こぎん刺し 1

     津軽こぎん刺し 3

市販のバッグに両面接着芯で以前刺したものを貼ってみました。

 

津軽こぎん刺し展のお知らせ 2

② 鎌田久子津軽こぎん刺し教室展

 7月に現在、鎌田久子先生の教室で学んでいる現役生の合同展があります。

参加人数は150名を超える大所帯です。。展示は一人につき毎月宿題で制作

する作品の額1点と販売用の小物になります。

いろいろな教室の方々とお話しできるのが楽しみです。


鎌田久子津軽こぎん刺し教室展 1

鎌田久子津軽こぎん刺し教室展 2


 



津軽こぎん刺し 鎌田久子の世界

 藍と白の会主催の「津軽こぎん刺し展」、初日に早速行ってきました。

大作揃いで、10年後、20年後に果たして自分はあのような作品を刺し続ける

ことができるだろうかと考えさせられました。

日々の暮らしを大切にし、刺し続ける気力、健康を維持していかなくてはという

思いを強くしました。


 さて、5月に自分は手に入れていたけれどインターネットではまだ取り扱って

いないようで鎌田久子先生の本をupするのを忘れていました。


 津軽こぎん刺し 鎌田久子の世界
    伝統と今日の生活の調和を求めて

 
  津軽こぎん刺し 鎌田久子の世界

 amazonだと中古でなぜか高くなっているので、7netで紹介してみました。

今までの作品集ですので刺し方や図案などは載っていません。

藍と白の会の「津軽こぎん刺し展」でも求めることができます。

津軽こぎん刺し展のお知らせ 1

 6月、7月と銀座で津軽こぎん刺し展が開かれます。

① 藍と白の会の津軽こぎん刺し

津軽こぎん刺し展 藍と白の会 1

津軽こぎん刺し展 藍と白の会 2




 ①の津軽こぎん刺し展は2年に1度、教室を卒業した先輩方の展示会です。

7月の教室展(7/5~10)は現在、鎌田久子先生の教室で学んでいる現役生の合同展です。

こちらの詳細は①が終わったあとupしますね。